カテゴリー:車の記事一覧

ちょっとしたことからお気に入りのことまで、ネットライフを楽しんで気ままに更新している1~5分で読破なショートブログ。

カテゴリー:車

軽自動車に白ナンバー?これってどうなの?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽自動車といえば黄色いナンバープレートがステイタスだった。

最近街中で見かける軽自動車の白ナンバーの真実が知りたくてちょっと調べてみました。

って、クルマ好きのクルマに関してのちょっとした雑学程度に読まれて頂けると良いかもです。(^O^)

スポンサードリンク

図柄入りナンバーが発端

今までは、軽自動車といえば黄色ナンバーが決められていたのですが、2017年4月1日道路運送車両法施行規則等が一部改正された事で、図柄入りナンバーが作られるようになった事は知る人ぞ知るです。(^^ゞ

といっても、その中でも軽自動車も白ナンバーにできるということで話題になっている事がちょっとわかりました。

2019年秋に日本で開催されるラグビーワールドカップ2019の特別仕様ナンバープレートが同年4月3日より交付開始されることが、今回の話題の軽自動車の白ナンバーに繋がっているんです。

ラグビーワールドカップがきっかけ

4年に1度開催されるラグビーの世界一決定戦である「ラグビーワールドカップ」2019年秋の日本開催は初めてのアジア開催に!

今回話題になっている特別仕様の白ナンバーは、日本での大会開催を記念すると共に、その大会の支援を目的として作成・発行されるナンバープレートになっています。


このラグビーワルドカップ2019の特別仕様の白ナンバー(図柄入りナンバー)は、¥1,000以上の寄付金をすることで、図柄入りナンバーをチョイスすることが出来るようになっているんです。

ラグビーワルドカップ特別仕様ナンバープレート詳細

 

 

軽自動車に白ナンバーのチャンス到来

 

軽自動車は「黄色いナンバープレート」といった事から解放されるチャンスがこの特別仕様の白ナンバー(図柄入りナンバー)が、正に発端になるんです。

 

このラグビーワールドカップ特別仕様の図柄ナンバー、申し込むことができる車両というのが、登録自動車の自家用車、事業用。および軽自動車の自家用車となっていて、まさに喜ばれるのが新車、中古車の購入時だけではなく、現在も使用している登録車も番号を変更することなく交換可能!

 

まさに、今現在の黄色ナンバーから解放されるチャン!といったことになっているのです。

 

爆発的人気になっている、軽自動車の白ナンバー

 

このラグビーワールドカップ特別仕様の図柄ナンバーの申込みは、軽自動車の黄色いナンバープレートに不満を持っている方を中心に集中しているようで、4月12日時点での申し込み件数は約1万8500件、そのうち軽自動車は1万3000件と7割にも及んでいるのが現状です。

 

現在車離れが進んでいるとはいえやはり車を購入する人がいるのですが、その約4割を占める軽自動車。ただ、若者の間では軽自動車の「黄色ナンバー」に抵抗感を持っている人がいらっしゃるのが現状のようです。

 

軽自動車に乗っていて「黄色ナンバー」がイヤだなと感じていたあなた、今の軽自動車の性能からしても軽自動車はイヤじゃないけど白ナンバーにしたい!というあなた!

 

また、ラグビーが好きで応援したい!という方はこの機会にラグビーワルドカップ2019の特別仕様の白ナンバー(図柄入りナンバー)を是非申し込んでみては如何でしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

 

EV車(電気自動車)はどこまで挑戦するのか?リーフ「モンゴル・ラリー」挑戦!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマ好きの方なら、少しは知っている「モンゴル・ラリー」

 

モンゴル・ラリーの見どころといえば、夏のモンゴル草原とゴビ砂漠を舞台に約4000kmを走破する、自然豊かなクロスカントリーラリーだ。

 

世界で最も過酷なクルマの冒険、パリ~ダカールラリーは最も、知る人ぞ知るラリーなのですが、それとは違った魅力のあるラリーが「モンゴル・ラリー」なんです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

そのレースに、あのEV車(電気自動車)の先駆者とも言える日産の「リーフ」が英国からモンゴルに至る1万マイルの(約1万6,093km)ものラリーに参戦した!

 

改造を施した日産「リーフ」といったことなのですが、たしかに普通に走る光景とはまったく違った改造を施した日産「リーフ」には驚きが隠せないのは言うまでもありません。

 

ルーフラックにはLEDを16個並べたライトや後部は座席が取り除かれたことで32kg軽量化され、重要な荷室スペースも確保。消火器と救急箱も積まれているなんて、本当にラリーを完走するに至ってまでの、装備を万端に備える車になっている。

 

ただ、ちょっと気になるのは通常のガソリン車とは違い、EV車(電気自動車)は充電のために停止しなくてはならないってことなんですよね。ガソリン車であれば給油時間は必要になってくるのですが、充電となれば給油以上の時間が必要になってくるのは、殆どの方も知り得るところだとは思います。

 

その点「モンゴル・ラリー」はタイム・レースではないから、充電のために停止しても不利にはならないってことなんですよね。

 

ラリーといえば過酷なレースであることはわかっているのですが、EV車(電気自動車)がどこまで活躍するのか?ちょっと気になるレースになるのは言うまでもなく、今までと違った楽しみのあるラリーになる可能性を秘めているのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

 

上海モーターショーで見えてくる最もトレンドになっている車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モーターショーといえば、昨今では国内だけでなく海外のモーターショーも盛況ですよね。

 

どの国もその国や地域によってトレンドになるような車種は違ってくるようですが、いま日本だけでなく世界的に人気になっている車といえば「SUV」が主流になってきているようにも感じてしまいますよね。

 

まさかのロールスロイスからも「SUV」が登場してくるなんて思いもよらなかった!なんて事実と感じてしましいます。(著者感想)

 

高級SUVを超える超高級SUV市場が、昨今では賑わっています。ベントレー、ランボルギーニなどが、それぞれ「ベンテイガ」「ウルス」を発表する中、ついにあのロールスロイスも超高級SUV「カリナン」を発売するようです。

 

引用 ロールスロイス初のSUV「カリナン」最新情報とスクープ画像|価格はベンタイガ超え?

 

スポンサードリンク

 

上記引用文からわかるように、今までSUVから程遠いと思っていた各メーカー(ベントレー・ランボルギーニ)等もSUVに注視していることもわかってくるんです。

 

今までならそのようなカテゴリーには属さないような所でも「SUV」を触ってしまっているのって、需要と供給のなせる所なんですね。

 

こうした、車のカテゴリーにもそれぞれの種類があるようで、荒れ地を気にする事なく走破出来るような「クロスカントリー」から、街中を中心に走破できる背の低い「クロスオーバー」まで内容には差があります。

 

「クロスオーバー」と「クロスカントリー」との違いは、別の機会にご紹介したいと思いますが、「上海モーターショー」では背の低い「クロスオーバー」が目立っていたようです。

 

中国で絶大な人気を誇っているのは、「フォルクスワーゲン」に「アウディー」といった所なのですが、その両者がともに「クロスオーバー」が出展されている車両になっているみたいです。

 

日本だけでなく世界的に人気が出てきている、「SUV」がなぜ中国で人気を覇しているのかは、今の中国経済的なことも要しているようです。

 

車離れが進んできているとも言われている日本ですが、まだまだ車の魅力に気持ちを取られる人も世界的たくさんの人がいるといったことが現状なんですね。

 

スポンサードリンク

 
 

ブレーキとアクセルの踏み間違い事故がなくなる日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今話題になっている、ブレーキの踏み間違い事故って本当に社会問題化してきているのは知ってのところなんだけど、カーパーツ店などでもアフターパーツとして取り扱うようになってきているみたい。

 

けど、カーショップ等でそういったものを購入したところで簡単に取り付け出来るわけもないわけだし、装備するのにも手間がかかってしまうようです。

 

手間の要らないペダルの見張り番

ブレーキとアクセルを踏み間違えても急発進しない話題の新商品!

 

オートバックスなら、取り付け工賃コミコミセットで素人も安心。

 

↓『ペダルの見張り番』↓

全国のオートバックス検索はコチラ

 

 

スポンサードリンク

 

 

トラックやバスは義務化

 

こうした、車のブレーキシステムも全車義務化になると良いんだけどね。

 

トラックやバスには、義務化が決まっているとの報道も目にすることもあります。

 

軽井沢で起きたスキーバスの事故の件もあってか、義務化は決定なんだとか。

 

確かに、業務的に使っているような大型車は必須になってくるかもだよね。

 

 

衝突被害軽減ブレーキと急発進防止装置

 

高齢運転者事故対策プログラムとしてある、衝突被害軽減ブレーキと急発進防止装置は国内のディーラーが2020年までに大半の車には標準装備が可能になっているとの回答を国交省にもしているみたいなんだよね。

 

こうした、ブレーキシステムも進化してもらうと高齢者の方も安心して車を運転できるようになるのかなぁ。

 

まだまだ、問題も多くあるんだろうけど、車に関する安全装置は充実してほしいですね。

 

 

スポンサードリンク