カテゴリー:動物の記事一覧

ちょっとしたことからお気に入りのことまで、ネットライフを楽しんで気ままに更新している1~5分で読破なショートブログ。

カテゴリー:動物

  • いつまでも一緒になんて思ってしまうペットその中でも、ワンちゃんの気持ちがどうしてもわかりたいなんてそんな思いになったこともあるんですよね。犬の気持ち(耳編)ワン

  • ジョーズ!あのサメの映画が未だに知っているのはユニバーサル的なアトラクションで紹介されているのもさておきやはりあれほどのサメの恐怖をビジョンに出したからだろうか

犬の気持ちが出ている耳と尻尾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまでも一緒になんて思ってしまうペット

 

その中でも、ワンちゃんの気持ちがどうしてもわかりたいなんて
そんな思いになったこともあるんですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

犬の気持ち(耳編)

 

ワンちゃんの表情の中でも、耳にも気持ちを表している。
そうしたことも感じてしまうんだけど、耳が寝ているとき。
耳が立っているとき。

 

犬の耳
耳が寝ているときは、怖がっていたり、飼い主に怒られたとき。
耳が立っているとき、緊張や警戒しているときに。l
リラックスしているときには耳には力が入らないみたい。
怒っているときには耳は前に向いている。

 

犬の気持ち(しっぽ編)

 

尻尾でも気持ちを表しているのは、あなたも知っているんじゃないかな?
尻尾を振っているときは喜んでいる!なんて思っているのもつかの間(笑
どうしたら良いのか?なんて戸惑っているときにも尻尾を振るんだって。

 

犬って喋ることが出来ないから、体での感情表現がわかってくると
今どんな気持ちなのかってわかってくるのかも知んないね。
いつまでも一緒に楽しく過ごしたいから、ちょっとは気持ちがわかるようになると良いのかも(^^)

 

スポンサードリンク

 

メガロドンが絶滅なわけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

 

 

ジョーズ!

 

あのサメの映画が未だに知っているのは
ユニバーサル的なアトラクションで紹介されているのもさておき
やはりあれほどのサメの恐怖をビジョンに出したからだろうか?

 

確かにサメの怖さは色んなところでも紹介されている。

そうした、恐怖的なサメの祖先あごの大きさだけで
3mはあるというメガロドン。

 

約1400万年の間、向かうところ敵なしの大繁殖していたものの
いまから260万年ほど前に絶滅になってしまった。

 

このようなジョーズさながら、と言うか映画のままの
サメがこの世に存在していたことだけでもすごい!

 

あごの大きさだけで3mと言うのは軽自動車ならひと噛みで
グシャグシャになるだろう。とも言われている。

 

そんな、サメの祖先的ポジションを得ていた
メガロドンの絶滅なわけが、なんとも偏食から来ていたらしい。

 

南米のペルーで見つかった、メガロドンの生々しい歯形が残された
化石を調査からわかったことらしいのですが、体長5mに満たない小さな
ヒゲクジラの祖先や、アザラシの祖先ばかりを狙いメガロドンが好んで食していた様子が見えてくるなんていわれている。

 

比較的海水温が暖かかった時代が終わりが到来、メガロドンが食していた
多くのクジラやアザラシが極地帯へと移っていたとも。

 

同時に、クジラの巨体化も進んできたみたいで、メガロドンだけは極地帯へ移動を拒否。

 

いつまでも好物だった小さなヒゲクジラやアザラシばかりを狙って食して
進化した大型のクジラを追わなかったばかりか、別の小動物を狙うこともすることなく
エサの減少とともに種の滅亡にいたったとされているらしい。。。

 

 

って、絶滅した際に関してはちょっと時代に乗れなかったとも
感じてしまうのですが、こうした大型のサメが今でもいるとなったら
それはそれで、海に近づくのも怖いものになっていたのかも。

 

 

映画ジョーズが、単にニュースになっていたのかもって考えると
ちょっと怖いかもしれないよね。

 

 

スポンサードリンク